ふんどし展

会期▷7.4(月)-7.18(月)
時間▷CAFE OPEN 11:00〜17:00(pm3:10から30分休憩) 休み 水、土、日と18(月)
  ▷BAR OPEN 20:00〜03:00 休み 日

今回は試行錯誤の末、女性ものも少しつくりました。
布ナプキンもそうだし、常に身につける下着も体にいい生地で気持ちの良いものにしてあげると、からだもこころもよろこびます。
からだに1番近いばしょだから、こだわりの衣を。
てるみ

ふんどし展

最終日はhou+maryseによる海の日liveがあります。
ご飯はitsumoの屋台飯◎要予約

ふんどし展closing party
「 hou+maryse 海の日live 」
2016.7.18(mon)
open 19:00 start 20:00
charge 1,500yen(+1drink)
live : hou+maryse(from宮崎)
food : 旅する食堂itsumo
アジア屋台飯 1,200yen(予約制)

live,food共に20名限定となりますので
ご予約はMAILまで
お早めにおねがいします。

~hou~
宮崎生まれ。音楽家。
大地かおる声、風と包む言葉。森羅万象を讃えるように、宇宙に響くように、踊るように、祈るように、歌う。
ときに優しく、ときに熱く、ジャンルを越えて、色んな芸術家たちと、その時のその場を変幻自在に愛であげながら、音の旅を続けている。
ヒト科の進化を見つめながら。

houmori-thumb

itsumo
アジア諸国を旅して学んだ料理を、itsumoの地元夢前町の食材をふんだんに使用して再現しています。
当日はPUPA×itsumoの灼熱ごはんをお届けします!
旅する雑貨屋 itsumo

IMG_3342
※写真は参考写真です。当日のメニューとは異なります。

カテゴリー: おしらせ | コメントする

PATTA exhibition『for your smile』

会期▷6.20(月)-7.2(土)
時間▷CAFE OPEN 11:00〜17:00(pm3:10から30分休憩) 休み 土日と22(水)
  ▷BAR OPEN 20:00〜03:00 休み 日

娘のほのも愛用させてもらっている、可愛らしいチューリップハット(リバーシブルで二度おいしい)やニットの帽子、ガラスアクセサリーをプパで展示していただけることになりました!
たくさんのお越しをおまちしております。

PATTA個展DM表面ol_layoutPATTA個展DM裏面ol_layout

PATTA (パッタ)
チューリップハットやニットの帽子、ガラスアクセサリー等を手作りしています。
出店をメインに夫婦で“PATTA”(インドの言葉で葉っぱを意味する)として活動中。
みなさまにとって葉っぱの様に身近にあり、大切な存在になるような物作りを心がけています。
PATTA

最終日の7.2(土)は、七夕プパマルシェです。
11:00頃から17:00頃まで。

みなさまのお越しをおまちしております。

-SHOP-
お手手 (手縫いの布小物)
おひまる (自家製酵母パン)
acusu (ケーキと焼き菓子)
combu (マクラメアクセサリー)
Lunca plants (植物)
yamsai (あたらしいくにのやさい)
Love’s Gallery (フェアトレードココナッツオイルや石鹸)
PUPA (カレー) etc..

こどももおとなも短冊をつるしておりひめとひこぼしにお願いごとをしましょう

カテゴリー: おしらせ | コメントする

『風,景』ka-ji-exhibition

会期▷5.30(月)-6.11(土)
時間▷CAFE OPEN 11:00〜17:00(pm3:10から30分休憩) ※4(土)、11(土)は12:00〜/お休み 水、日
  ▷BAR OPEN 20:00〜03:00 休み 日

『風,景』ka-ji-exhibitionフライヤー2

MAHO-ROBA FOREST(奈良県生駒市小倉寺町569-5)で、初めて作品を眺めka-ji-本人と会い、もっと色々見たくて個展をお願いしました。

item
・絵
・モビール

他、
キャンドルホルダー
アクセサリーなど並びます。

どうぞおたのしみに。

最終日の6.11(土)は、ka-ji- meets MAHO-ROBA DINNERです。

カテゴリー: おしらせ | コメントする

女ハ子宮デ考ヘル.§肉体と煩悩§

会期▷5.3(火)-5.14(土)
時間▷CAFE OPEN 11:00〜17:00(pm3:10から30分休憩) 休み 土日と3(火)4(水)11(水)
  ▷BAR OPEN 20:00〜03:00 休み 日と5(木)

初めての世界観を視覚で楽しめる展覧会です。
ぜひ見てください。

conoco(コノコ)とはナマコの卵巣の意。
珍味のように、最初はちょっと抵抗があるのに食べる(使う)とつい癖になるような装身具をテーマに、フツウの綺麗や可愛いだけではないどこか毒のあるアクセサリーを展開する。
今年3月に大阪中崎町で開催した第2回目の個展を、今回は垂水PUPAにて再披露。
揺れ動く女心を綴った詩にのせて撮りおろした写真とアクセサリーをコラージュした新作を展示。
同時に、人体パーツをモチーフにした新旧作品も販売予定。

conoco

オンナハ表2オンナハ裏2

個展中の5.5(木)は、こどものひプパマルシェです。
11:00頃から17:00頃まで。

-SHOP-
ナナ (ケークサレと野菜のおやつ)
おひまる (自家製酵母パン)
雑駁商会 (良品逸品珍品奇品の古道具屋)
アンコエラン (革小物)
Kaori Isayaka (シータヒーリング&ドリームキャッチャー)
森の農園 (無農薬野菜とお米)
PUPA (カレー) etc..

こどももおとなもたのしいじかんをすごしましょう

カテゴリー: おしらせ | コメントする

home mammam展

会期▷4.11(月)-4.23(土)
時間▷CAFE OPEN 11:00〜17:00(pm3:10から30分休憩) 休み 土日と13(水)15(金)
  ▷BAR OPEN 20:00〜03:00 休み 日と18(月)

マムマムちゃんによる可愛い手描きのイラストが人気の子供服や刺繍の雑貨が並びます。
お子様向けの個展はプパギャラリーで初の開催になります。
新学期に合わせておひとついかが?

-mamのこと-
1999年にはじめての作品展をしてから、10年以上が過ぎました。
自分が楽しむことと自由な発想を忘れずに、ただただ物づくりしてきました。
その中での出会いは、私の中で宝物となっています。
「たったひとつの命だから、たったひとつを着せてあげたい。」
お母さんがこどものために世界にひとつを作ってあげるような気持ちで続けて行きたいです。
手づくり雑貨と子ども服のお店 mammam

mammam展Amammam展B

最終日の4.23(土)は、島フェス プレイベント 島で逢えたら kirim Spring Journey 2016 & home mammam展 クロージングパーティーです。

Open 19:00 / Start 19:30
Charge ¥2,000(+1drink)
(中学生以下無料)
LIVE:kirim / IsaGuitarra
FOOD : おっこ食堂ワンプレートごはん1200円(ご予約お願いいたします)

20名限定となりますのでご予約はMAILまでお早めにおねがいします。

kirim
image
kirimとはインドネシア語で「差し出す」という意味を持つ言葉。
アメリカ音楽にルーツを持ち、カンザス州、オレゴン州での生活が現在の音楽スタイルに繋がり、複数のゴスペルクワイアとしての演奏経験も持つ三橋ハルカ。
世界各国での演奏経験の後、現在はアースビートバンド「おおきなくじら」など多数のバンドで活躍する柏佐織里。
jam band「Senkawos」のドラマーとして日本各地を周り、FUJI ROCK FESTIVALを始めとする数々の野外Fesに出演する和田佳憲。
ベースレスの3人編成で2015年春に活動開始。
FOLK、POPS、JAZZを軸としたアコースティックな演奏に三橋の牧歌的な歌声が心地よく響く。
結成3ヶ月でRecordingされた自主制作盤「First Session」を2015年10月24日にリリース。
同日行われた浅草・村のバザールでのリリースパーティーは動員記録を塗り替える程の大盛況で幕を閉じ、今後は各地へのライブツアー、自主企画イベントも行っていく。
2016年春には北関東〜中部〜関西を巡る初の大規模なツアー「kirim Spring Journey」を計画、初秋には初のFull Albumをリリース予定!
kirim WebSite

IsaGuitarra
isa
曲をつくって弾いてうたうだけでなく、アレンジしたり、ギターでアドリブをとったと思えば、声とギターで即興したりもするシンガーソングライター
ギターとうたならできるよ!そういうシンプルな気持で様々な表現者と関わると自分で想像することのできない、みたこときいたことのない音や空間が、立ち上がってゆく機会と出会うことができます
音楽家の人生にとって、そういう機会との出会いは嬉しい誤算であり、その後の表現を何倍にもしてくれる貴重な経験だなって思っています
僕の表現は、そうした時間が落ちていってぐるぐるまざり濾過して、やがてうまれていったものです
だから、その出会いの時のひとつひとつのかけらである
表現する人たち、その機会をくれた人たち
また、その場で聴いてくださった方々にいつも感謝の気持でいっぱいです
ありがとう
IsaGuitarra WebSite

カテゴリー: おしらせ | コメントする